【府中市】東京競馬場の馬場内エリアは子供連れで賑わう人気の遊び場!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、みなのです。

以前、日吉が丘公園をご紹介しましたが、その他にも競馬場の馬場内に子供連れで楽しめるエリアがあるのはご存じですか?

日吉が丘公園と比べ、入れる日は限られていますがこちらも大変人気のスポットで多くの子供連れで賑わっています。

ミニ新幹線や大型の滑り台、トランポリンなど1日中楽しめちゃいます!

この記事では、そんな東京競馬場の馬場内エリアをご紹介。

関連記事
平日でも遊べる東京競馬場内の公園を紹介

目次

東京競馬場の馬場内エリア

馬場内エリアは平日の無料開放日には入場できず、東京競馬場開催日もしくは場外発売日に入場できるエリアです。

スタンド内の一部のショップや馬場内エリアも開放されており、馬券購入者のほか公園やキッズガーデン目当てで多くの家族連れで賑わいます。

西門入ってすぐもしくは正門から真っすぐスタンドを抜けた先にある『馬場内連絡通路』から馬場内エリアへ行けます。

場外発売日とは?
場外発売日とは、東京競馬場でレース開催はしていないが他の競馬場でレースの開催をしている場合、その馬券を購入できるように競馬場が開放されている日のことです。

馬場エリア内の様子

次に馬場内エリアの様子をご紹介。

キッズガーデン

まず目につくのがトランポリン(ふわふわドーム)と大きめの複合遊具!

たくさんの子供が遊んでいて、とても賑わっています。

撮影日は競馬開催日だったのでかなりの人がいましたが、人の少ない日を狙いたければ場外発売日がおすすめです。

複合遊具の周りにはぐるっと1周、ミニ新幹線が走っています。

無料で利用できるため、多くの人が列を作っています。

その他にも競馬場ならではのゲートを模したブランコも!

大きな遊具だけでなく小さい子向きの遊具もあり、更に無料の給水スポットや授乳室などもあります!

グルメエリア

お腹が空いたら屋台や小さな飲食店で食事もできます。

開催日だと4R終了後(11:40頃)から人が多く集まるため、利用するならその前に食事を買っておくといいですよ!

レース観戦も

レースの開催日だと馬場内エリアからでもレース観戦ができます!

馬券を買える投票所もあるので、わざわざスタンド側へ移動しなくても大丈夫です。

投票所の上には階段で誰でも自由に登れるため、G1のレース時にはこちらで観戦する人も多いです。

関連記事
入場券での立ち見観戦について

東京競馬場のアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次