日常

【体験談】退職代行を使って1年半勤めたSES(客先常駐)を辞めた 前編

こんにちは、みなのです。

僕は、勤めていたSESの会社を1年半で辞めました。2年ぶり2回目の退職です。我ながら社会不適合だとは思ってます。 今回は、前編としてそんなSESへの愚痴を語っていきたいと思います。

退職代行の話だけ聞きたいという方は、後編の記事をご覧ください。

SESとは?

SESというのは客先常駐型、つまりやってることは派遣みたいなものです。「厳密には違う」とSESの会社の人間は主張するのですが。

働き始めてすぐに「あ、これ僕には合ってないわ」と思ってはいたんですが、就活までかなり時間をかけていたこともあり、すぐに辞めるわけにもいかず気付けば1年半働いていました。

SESに就職したきっかけ

前職もSEだったので退職後に同じ業種で就活をしていたのですが、面接等が非常に苦手でスキルにも不安があった僕は思ったより難航してしまい、疲弊していたところを拾って頂いたという経緯があります。

ちなみに、前職のプログラマー職ではなくインフラ系への転向でした。

案件ガチャがキツい

結構言われてることで、とにかく自分が参画することになる案件(常駐先)のガチャ要素が強いです。世の中には案件を自分で選択できるSESの企業もあるらしいですが、少なくとも僕の勤めていた会社ではそういった制度はありませんでした。

1年半勤めて合計4つの案件に参画させて頂きましたが、3つ目以外はどれも何かしら問題を抱えている現場でした。炎上(しかけ)案件とか、人間関係に難ありだったり。身バレとか機密情報云々で内容は詳しく言えませんが。

一番精神的にキツかったのが、他所の会社の5歳くらい年下の新人に「○○さんは人の気持ちを考えて発言したほうがいいですよ。」という有難い教えを頂いた時だった。とうふメンタルの僕には効果抜群で案件最終日に即効でLINEブロックしました。

脅威の5重請負!

多重請負とは、上流の企業が下流の企業へ仕事を流す、それが幾重にも重なる構造のこと。我々SES会社の社員はヒエラルキーの最下層。学校でのクラスヒエラルキーも最下位だった僕みたいな陰キャにはお似合いだったのかもしれませんね。

受け持った案件で最も多かったのが5重請負。これはもう笑うしかない。参画時に何人もの見知らぬ営業さんにリレーのバトンにされる様はまさしく出荷だ。人身売買だよこれは。中間の会社の人間は何もせずに僕の働いた結果の一部を頂戴できるわけだからいい商売だと思います。

その他にもいろいろ闇が深い

SESは他にも闇が深い部分が多い。

例えば、現場の責任者→派遣元の責任者→派遣元のエニジニア。通常はこの流れで仕事の指示を出す。これが本来のSESのあるべき姿らしい。これが無い場合はただの派遣だ。しかし、参画した案件に自分の会社の上司どころか同僚すらいたことがない。

また、働く上で現場から自分に対して一体どれだけの単価が発生しているのか。これが全く働いているエンジニアに提示されない。仮に頑張りが認められ現場が単価を上げてくれていたとしても、自分の会社の匙加減で給料が決まる。そもそも自分がどんな契約を結ばれて仕事をしているのかさえ不明です。

あと地味にキツかったのが、案件に参画する際に毎回面談という名の面接を受けさせられることだ。これを受からないと現場に参画できずに自社待機扱いになる。かなり惨めだし、就活でもないのに毎回毎回面接まがいなことをさせられるのは辛い。

退職を決意した決め手

色々ある中で仕事を辞めたいと思う決定打となったのが、「スキルシートを案件に合わせて僕の知らぬ所で勝手に改ざん」されたことが発覚した時だ。これで会社への信頼も無くしたし、今後も同じ感覚でミスマッチの現場に押し込まれるのはたまったものじゃないと思いました。

これについて会社に追及したが、全く問題無いと言い張られた。自分が勝手に何でもできる人間にされていて、相手もそう思っている。だが実際はそこまでのスキルは持ち合わせていない。このミスマッチのどこが問題無いのか疑問だ。

未経験は入りやすいがおすすめはしない

未経験からIT業界に足を踏み入れようとするとハードルが高く、こういった比較的簡単に入れるSES企業に入ってしまうのもわかるし、実際僕もすぐに内定が出たからと言って何も考えずに就職しました。でも「未経験歓迎」だの「研修充実」だのといった言葉ははっきり言って嘘と言っても差し支えない。

要はSES企業からすれば、捕まえた人間をあの手この手で現場に出してしまいさえすれば勝ちなんですよね。それがどんなにミスマッチでも。「案件が合わなければ変更も可能ですよ!」なんてことも良く言うが、実際に僕が案件変更を打診して何かが改善されたことは1度もありませんでした。

退職を決意

そんなこんなで自分にはSESは向いていないと退職を決意した僕ですが、炎上案件に突っ込まれて身動きが取れませんでした。そこで使ったのが退職代行サービスです。次回はそんな退職代行を使った時のことを書きたいと思います。

別に報酬を貰って書いてるわけじゃないので、良いところも悪いところも書いていきます。

10/19日追記

後編公開しました。よければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました