【書評】コスメティック田中氏の『群れずに心穏やかに生きる正しい孤独マインド入門』を読んでみた

  • URLをコピーしました!

こんにちは、みなのです。

僕は普段あまり本は読まないのですが、普段見ているYoutuberの著書ということで発売日に購入した本がありました。

ただ、購入してからなかなか腰を据えて読む機会が無く、本棚の飾りとなっていたのですが正月の帰省で暇だったので読むことに。

この記事では、コスメティック田中氏の『群れずに心穏やかに生きる正しい孤独マインド入門』を読んだ感想を書いていきます。

目次

コスメティック田中とは?

YouTubeを中心に活動する一般男性。
日常・理工学・内向的な性格に関する動画を投稿。
紛らわしい名前ですが、化粧品に関する情報発信は行っておりません。

コスメティック田中公式ホームページより引用

コスメティック田中氏は、登録者44万人(2023年1月現在)の陰キャ系YouTuberです。

自信の陰キャエピソードなどをネタとしたVlogなどを中心に投稿しており、僕もよく拝見しています。

陰キャ系、ぼっち系などを押し出しているYouTuberは多く存在していますが、どれもが本当に陰キャやぼっちなのかと疑うものばかりなのに対して、田中氏はリアリティのある陰キャ系として視聴者を魅了しています。

本の概要

本の概要としては、著者田中氏の実体験をベースに俗に言う”陰キャ”、”ぼっち”、”コミュ障”でも、社会を生き延びていく術を解説している本です。

人気なYoutuberがエッセイや自伝などを出版するのは珍しくない話ですが、正直どれもファンブックの要素が強く「数字を持っているから本を出したら売れるだろう」という安直な考えが透けて見えるものばかりです。

しかし、本著は田中氏をよく知らない人でも読める内容となっており、田中氏の主観や持論だけではなく学術的な視点からも”陰キャ”が解説されています。

また、よくある自己啓発本のように、陰キャだから明るく楽しく生きれるように心構えを身に付けようとかそういう類ではなく、あくまで今の自分を受け入れその上でどう生きていけば良いかが書かれている点も興味深いです。

内容に多少のちぐはぐ感

本の内容から滲み出ているのですが、田中氏の書きたかった内容と出版社であるKADOKAWAの出したかった内容が反発していたんだろうなと推察できました。

田中氏としては、本著のベースとなっている陰キャとして生き抜くためのマインドを書きたかったのではないかと思うのですが、節々に田中のネタを引っ張り出してきてウケを狙いたいという出版社の影がチラチラ挟まれていて温度差でうーんとなってしまいました。

1章~3章の内容は非常に堅苦しく、『ガチで陰キャだから生きるのつらい』という人間以外には非常にとっつきにくいような気がしました。一方で、途中で挟まれるコラムでは元々の媒体である動画のネタにしたほうが面白いだろうというような中途半端な内容が差し込まれており、こちらはこちらで何とも言えない気分になりました。

ただし、これらの要素がうまく噛み合っている4章~5章はそれなりに楽しく読めました。

陰キャとして本を読んで思ったこと

30まで彼女なし、高校ではいじめを受け、社会不適合者で職歴ボロボロ、発達障害グレーゾーンの僕がこの本を読んだ感想としては、

別に面白くは無かった

というのが率直な感想です。

正直、この本を読んでこの腐れ切ったマインドが前を向いたなんてことはなく、ただ見たくもなかった自分の置かれた状況を客観的に解説されたって感じです。

ただ、興味深い内容も多くあり、田中氏の人生観というかそういう部分が垣間見れた上で色々考えさせられる部分はあったという点は悪く無かったです。

中身の無い自己啓発本よりは、時間を置いて改めて読んでみたいと思える本でした。

『群れずに心穏やかに生きる正しい孤独マインド入門』はおすすめできる?

陰キャ、ぼっちと呼ばれる人間が自分を理解し孤独でも生きていける心構えを学びたいのであれば、おすすめできる本です。

また、動画では見れない田中氏の一面を垣間見たいという人にとってもおすすめです。

ただし、田中氏の普段の動画のノリを求めて…要はよくあるYoutuberが出す本の雰囲気を求めてこの本を購入するのはおすすめできません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次